虹の風学修館 北浜南教室

幼児~中学生のための少人数制学習塾・虹の風学修館「北浜南教室」のブログです。
虹の風学修館HP(http://www.gakuki.co.jp/)
お問い合わせ先:053-412-1033(虹の風学修館直通ダイアル)

体感授業

小学部 春のワークショップ

みなさん、こんにちは

虹の風 学修館です
きれいな桜が咲いていますが、いかがお過ごしでしょうか

さて、今回ご紹介するのは・・・
小学部 春のワークショップ


ワークショップは、虹の風学修館で毎年春休みに行われるイベントです


『学校法人ミズモト学園 東海調理製菓専門学校』の皆さんが協力してくださいました

今回のテーマは


料理の中の理科と算数

DSC05144


プリンとゼリー作りを通して理科と算数を学びました



早速どんな様子だったかのぞいてみましょう


こちらが協力をしてくださった『東海調理製菓専門学校』さん

情報誌変更写真トリミング2DSC05093




中に入ってみると・・・大きなオーブンが
DSCN0463


これでプリンを焼くみたい!楽しみですね


まずは、プリン作りから始めます!

カラメルは専門学校の先生が作ってくださいました

みんな真剣に先生の話を聞いています
DSCN1015


初めは透明だったカラメルが段々と色がついてきて・・・
最後にはよく知っているカラメルの色になりました

DSC05111DSC05112

DSC05113DSC05114


カラメルが出来たらいよいよ子供たちの出番です

きちんと手を洗って準備は万端
IMG_7333


先生方の説明を聞きながらプリンを作っていきます

専門学校の学生さんたちも手伝ってくれました
DSC05156



上手に量れるかな
DSCN1031



先ほど作ってもらったカラメルを入れてそーっとプリン液をカップに注ぎます
image2 (2)




後は、オーブンに入れて焼きます
DSC05235


プリンが出来るのを待つ間にグレープフルーツゼリーを作ります



ゼラチンと水を混ぜると・・・こうなりました
DSC05221

なんとひっくり返しても落ちません
DSCF5706

材料を混ぜてプリンと同じようにカップにそーっと注ぎます
DSC_0772


ゼリーは冷蔵庫で冷やします

プリンとゼリーが完成するのを待っている間に虹の風学修館の講師が授業を行いました
image3 (3)

みんな真剣に先生たちの話を聞いています
DSCF5737



プリンとゼリーの固め方の違いの秘密について知ることが出来ました


DSC05298

授業の後は待ちに待った試食の時間


DSCN1088IMG_7452


みんなおいしそうに食べています

DSC_0778045

帰りには東海調理製菓専門学校の皆さんが作ってくださった
かわいいクッキ―とべっこう飴のお土産をいただきました

ありがとうございました


料理というのは家庭科のイメージが強いですが
実は理科や算数がたくさんつまっていることを子供たちに感じてもらえていたら嬉しいです



次回はどんなワークショップが開かれるでしょうか?

子供たちが楽しめる企画を現在企画中です

お楽しみに!




2015年 春期ワークショップ

こんにちは

去る3月30日(月)に、虹の風学修館 小学部の「春期ワークショップ」が行われました。

今回のワークショップでは、

大橋牧場にて、バター作り体験とチーズ作り体験を行いました。

早速ご紹介していきます。


まずはバター作りです


150

 ペットボトルに入った牛乳がバターになります。しかし、ただ待っているだけでなるわけではありません。
このペットボトルを・・・・・・・


152
5分間振り続けます。5分間は大変でしたが、みんな頑張りました。


完成したものがこちらです。

171

みんな上手に出来ました。それでは、試食・・・・といきたいところですが、続いてチーズ作りを行います。



朝、搾った新鮮な牛乳を93℃まで温めます。

183
焦げ付かないようにしっかりと混ぜます。93℃までいったらお酢を入れます。


2383
固まってきたらザルに移します。

2386
手作り感が出てますね。

それではお待ちかねの試食タイムです。


2387

 うまい!これが自然の味か!!


食後には動物たちとのふれあいをしました。
IMG_3644



以上、春期ワークショップの紹介でした。





こうした普段できないような体験からは、多くのことを学べると思います。

このような出来事をきっかけにして、学びについて考えて欲しいと思います。



                                        (丹所) 

北浜南小3 国語「モチモチの木」

こんにちは

今回は、小3クラスの国語の授業の様子をお伝えします

取り扱った単元は「モチモチの木」

物語文を学習するときには、毎回必ず朗読をします

半年くらい前は、みんなの前で読むことが照れくさく、読もうとしなかった子も、

今では積極的に本読みができるようになりました

3人全員が元気に また、読むのに詰まった子のフォローをする姿も見られ、

とても嬉しく思っています




物語を読んでいると、初めて耳にするものの名前が出てきます☆

その時は、画像や動画を見せたり、実物を用意して実際に見て、聞いて、嗅いで、触れて、感じて

どのようなものかを体感してもらうようにしています

今回は、『モチモチの木=とちの木』から、まずはとちの木やとちの実がどのようなものかを

画像を通して見てもらいました


DSC_0203
とちの実

とちの実って、いったいどんな味がするんだろう

そこで今日は「とちの実せんべい」を用意してみました

「わぁーーー 何それーーー」 よしよし掴みはOK

ギョロギョロ ふむふむ クンクン つんつん …

みんなーいかがですかー

Collage 2015-02-19 22_34_47

 茶色い 実が見える

 音鳴らないよ (確かに…。)

 きなこの匂いがする

 硬い サクサクする

 わらび餅の味 最初苦いけど甘くなった

色々な感想が飛び交いました 



その後は、みんなで話し合い☆

今回盛り上がったのは、

『豆太はおくびょうものなのに、どうしてじさまのために夜1人で医者様を呼びに行けたのだろう?

みんなだったらどう? 例えばお母さんが急に病気になったら何ができる?』

というところ


DSC_0220


「電話して、救急車呼んで、理由言って、病院に連れてってもらう。」

「入院して手術してもらうように頼む。」

「隣の人に言う。」

最後に「だって(お母さんのこと)好きだもん。」とのこと

心がほっこり、温かくなりました



話し合いの中で、自分の意見が上手に言えるようになってきています

友達の意見にみんな耳を傾け、真剣に聞くこともできます

もっともっと話し合いの時間を増やし、学び合うことを楽しんでもらいたいです

                                            



                                                (渥美)



中学1年生 数学「方程式」



 中学1年生の数学は、「方程式」を勉強しています。虹の風学修館では、新しく単元に入る前に、全体像を見せる導入を行っています。今回はその一部を紹介します。

 私「今からこのカードを使ってゲームをします。」
 
 ka1




 私「今から言うようにカードを並べて。左側に?、?、?、赤の4。右側に?、黒の2」
 
 ka2

 私「?の中には同じ数が入ります。赤はマイナスです(赤の4は-4ということ)。左と右が等しくなるとき、?の数は何になるでしょう?」
 

 このようなゲームを繰り返し行いました。あまり最初は乗り気ではなかった生徒も、途中から積極的に参加していました。ゲームだとやはり競い合いになります。数学が得意、不得意関係なく、熱中してくれました。
 その後、カードにはない大きな数になるような問題を出しました。もっといい考え方はないかを考えてもらうことが、今回のテーマで、方程式の考え方につながるところです。
 そして、方程式の便利さに気づいてもらいました。
 
 生徒「おーなるほど。すごい」

 最後に、そのような反応を示してくれ、とても満足でした。

 これからも数学の楽しさを一緒に体感していこう!

 (上村)
 
 

平成26年度 夏期ワークショップ

こんにちは

去る8月5日(火)に、虹の風学修館 小学部の「夏期ワークショップ」が行われました

今回のワークショップでは、

トリイソースにてソース工場と醸造酢工場の見学

食育とトリイソースのソースを使った調理実習

を行いました



それでは早速、ワークショップの様子をご紹介します


トリイソース工場見学

021



028


 トリイソースでは、ソースの製造過程のうち、

①味を調え香辛料を入れて香りづけする「調合・調香」の場所

②木桶に寝かせ、おいしくまろやかなソースにする「熟成」の場所

③容器に詰めてラベルを貼る「充填」の場所

を見学しました また、醸造酢工場の見学もさせて頂きました

035

036

040


普段口にしているソースがどのように作られていくのか、

どのような材料でできているのかなどのお話も、聞くことができました

初めて見る大きな調理器具や、食欲をそそるおいしそうな甘い香り、鼻に刺激のある酸っぱい香りなど、

いろいろな事が体感できました

また、ここでは1人1本、空のビンにソースを詰めて、機械で蓋をし、最後にラベルを張る!

という貴重な体験もさせて頂きました

046

054

059

058

難しいところもあったけど、とても上手にできました

家で、家族みんなでおいしく召し上がれ



つづいては



調理実習

 工場見学の次は、高学年(5,6年生)と低学年(1~4年生)に分かれて、

調理実習を行いました



まずは高学年

浜松市修学舎中・高等学校へ移動し、「焼きそば」を作りました

修学舎の先生の指導のもと、焼きそばの材料に使う食材についてお話をして頂き、

焼きそば調理開始

さすが高学年包丁も使って上手に作ることができました


IMG_2156


IMG_2165

IMG_2171



続いて低学年

トリイソースの向かいにある東部協働センターへ移動し、「遠州焼き」を作りました

ここでは、トリイソースの方々にご協力頂き、作り方のご指導を頂きました

低学年のみんなは、包丁を使わずあらかじめ用意してあった材料を使って作りました!

みんなで協力して楽しくできたね

高学年のみんなも、低学年のみんなも、おいしいソースを使った料理に大満足

自分たちで作って食べるから、より一層おいしくなるよね



083

085

086



以上で、今回のワークショップのプラグラムは終了です

今回で5回目を迎えた虹の風学修館のワークショップ☆

5回全部参加している子もいれば、今回が初めてだった子もいると思います

日常の生活の中ではなかなか体験できないことに触れ、また学校や学年の枠を超えたメンバーとの

交流を通して、子供たちの成長できる場になれたら嬉しいです



                                                            (渥美)


新中1体験学習会in北浜南教室 2013 その2

 昨年11月に第1回を、12月に第2回を行った新中1体験学習会の第3回を1月28日(火)に、第4回を2月11日(火)に実施しました。その内容を紹介します。

 
 hukuwarai2

 hukuwarai1

 写真は福笑いをしている様子です。ただし、普通の福笑いではありません。手に持ったものを「Nose」などと英語で伝え、「Up・Down」「Left・Right」などと英語で動かし方を伝えるようにしてもらいました。なかなか難しいようで、所々日本語が入り混じっていましたが、いつもと違う福笑いを楽しんでくれました。



 4tuno7 1

 4tuno7 2

 数学は、4つの7と記号のカードを並べて、指定された数になる式を作るというゲームを行いました。チーム対抗戦で行い、とても盛り上がりました。学び合うシーンもたくさん見られ、みんなで考え、話し合う楽しさが実感できたようでした。




 kurisu baren

 baren

 第4回の英語はバレンタインをテーマに行いました。アメリカでは、お世話になる人に送るものだよという説明を聞き、みんな驚いていました。その後、クリスの教えのもと、バレンタインカード作りを行いました。最初はあまり気のりしていなかった生徒も、最後には楽しく作り上げてくれました。



 DoYOU

  次に、中1の教科書の初めに出てくる「Do You・・・?」を使ったゲームを行いました。4回目となれば慣れてきたもので、臆することなく英語のゲームを楽しんでいました。



 tyokin1
 
 tyokinn2

 数学は、トランプを使って、「貯金・借金ゲーム」を行いました。黒のカードをプラス、赤のカードをマイナスと考え、プラスを大きくするというゲームです。一喜一憂しながら、楽しんでくれました。



 全4回の体験学習を通して、中学の授業内容の楽しさを伝えることができたと思います。楽しく学ぶことが中学でも大切なんだと感じとってくれたら幸いです。いよいよ3月からは、実践的な予習に入っていきます。学ぶ楽しさを伝えることを常に考えた授業を展開していきたいと思います。

(上村)


 

新中1体験学習会in北浜南教室 2013

 今年も小学6年生対象の新中1体験学習会(全4回)がスタートしました。11月26日(火)に第1回を、12月10日(火)に第2回を行いました。その内容を紹介します

 
 hotto1
 hotto2
 
 はじめに、外国人講師のクリスとなじんでもらうため、ホットケーキ作りを行いました。
 友達みんなで、しかも英語が飛びかっている雰囲気は新鮮だっと思います。      


 1kurisuge-mu

 おいしくホットケーキを食べた後、自己紹介をしてもらうため、英語で自分のプロフィールを書いてもらいました。よくわからない単語はクリスや英語の先生に聞きながら書いていました。ちょっと難しかったかな
 その後、それを使って、ゲームをしました。みんな笑顔で、楽しそうに参加していました。


 suugakuge-mu
 
 後半は数学のゲームを行いました。1つのチームが15枚のトランプの中から3枚のカードを選び、もう1つのチームがその3枚のカードを質問をして当てるというものです。ルールがわかった途中からはとても盛り上がりました。みんなで「あーでもない、こーでもない」と話し合って推理していくのは楽しかったようです
 実はこれ、中学の数学で初めに勉強する正の数、負の数の考えを使っています。楽しく勉強すれば、すんなり理解できるということを体感してくれたと思います。




 kurisukukki1
 
 ここからは、第2回の様子です。サンタの格好をしているのがクリスです。アメリカでクリスマスに食べるというジンジャーブレッドマンのクッキーの説明をしています。


 kukki1
 
 クリスがそのクッキーを焼いてきて、みんなに配ってくれました。写真は、デコレーションしたようです。とても上手ですね

 
 arufabetto

  次に、アルファベットのゲームです。クリスが発音した単語を完成させるというもの。みんな真剣です。


 kurisumas

 クリスマスに関係する単語をみんなで発音しました。そして、この単語を使ってビンゴゲームをしました。


 purezento

 プレゼント交換です。「やったー」「何これ?おもしろい」満足したようでした。


 torannpu2

 数学は、トランプゲーム②を行いました。7並べをアレンジしたものです。数直線のイメージと数の大小を知ってもらうためのものです。
 いつもと違う7並べということもあり、とても盛り上がりました

 
 中学の学習内容も、今まで通り、楽しく勉強すれば何も心配いらない。 

 その事が少しでも伝わったかな 

 次回は、1月28日(火)。お楽しみに

 (上村)

中学3年生・数学 【2次方程式】導入

 先日、中学3年生のクラスでは、2次方程式の導入を行いました。


 「この針金を使って正方形を作ってみて

 2つ折りを2回行えば、折り目ができて簡単にできるのですが、強引にやろうとするとなかなかうまくいきません。
 できた生徒が教えてくれ、みんな作ることができました。


 「1辺の長さを測ってみて!面積は?この針金の長さは何㎝?
 
 問いかけに対して、積極的に発言してくれます。


 次に、もう1本針金を渡して、
 「次は長方形を作ろう。面積48㎠の長方形を作ってみて!


 針金の長さから、長方形の周りの長さがわかり、それと面積から縦と横の長さを決めなければならないので、なかなか難しいものです。

 みんな試行錯誤しながら取り組んでいました。

 
 hari

 
 そのようななか、1人の生徒が「できた」と言いました。

 
 みんな「おっ、すごい」と驚いていました。

 
 そして、説明してもらいました。

 
 「まず半分に折る。次に8㎝で折る
 「なんで8㎝なの?
 
8㎝と6㎝で面積48㎠になるから
 「なるほどー


 というように、学び合っていました。


 その後、周りの長さと面積から、縦と横の長さを求めるにはどうすればよいのか。xを使って式を作ったらどうなるのかということから、2次方程式とはどういうものかを伝えました。

 
 全体のイメージができたようで、「簡単そうだね」という言葉も飛び出した。

 
 体感授業を通して興味を引き、学び合い授業によって考える楽しさを知ってもらい、全体像を見せる導入によって、安心して意欲を持って勉強に取り組める。

 虹の風学修館の目指すところです。

                                            (上村)

中学1年生・英語【Lesson9】

みなさん、こんにちは。北浜南教室新中2クラス担当の杉浦です。
本日は、授業の様子を少しだけ紹介しようと思います。
まずは導入、(TOTAL ENGLISH)Lesson9です。

教科書を眺め、用意した映像を見てもらい、どんな内容かを予想してもらいます。
P1000061
内容を予想することで、理解を深めます。
また、意見を言い合うこと(学び合い)によって学習意欲を刺激します。

O君 :「エアーズロックって山じゃないの!?」
W君 :「エアーズロックの別名?大地の…デコ!!(答えは大地のへそ)」
Mさん:「海がきれい!」
等々。今回も、子どもならではの面白おかしい意見が飛び交いました。


さて、どんな内容かを大体把握したところで、英文和訳・和文英訳にチャレンジ。

P1000058

眼差しは真剣そのもので、さっきまでの騒がしさが嘘のようです(笑)
読んで、書いて覚え、サラッと和文英訳・英文和訳ができるのが最終目的です。

今回は英語のみの紹介ですが、授業は楽しく、学びあうことを中心に進行しています。

(杉浦)

中学2年生・数学「確率」

 先日行った新中3Bクラスの授業の様子を紹介します。学習内容は、中学2年生・数学「確率」です。

 私「今からさいころを1000回振ってもらうよ
 生徒「えっ、そんなに大変だよ」
 生徒「すごく時間かかるんじゃないの

 確かに、普通にやっていたら時間もかかるし、おもしろみに欠けます。そこで、方法を説明しました。ポイントはチームプレイです。5人を3人と2人のグループに分けて始めました。

 saikoro1  saikoro2

 みんな楽しんで取り組んでくれました。素晴らしいチームプレイも見せてくれました。1000回振った後は、達成感もあったようで、満足のいく表情をしていました。その後1000回振った意味、そして確率とはどういうものか、どんなところで役に立つのかなどの話しをしました。
 
 学ぶ意味、楽しさが伝わったかな


(上村)
記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ