はじめまして 理系担当の宮本です。
中3の数学は二次方程式に入りました。

 二次方程式はその解法として
  1.因数分解を利用する。
  2.平方根の考えを使う(平方完成を含む)。
  3.解の公式に代入する。
 の順で練習することになっています。

 毎年、解の公式を習うと、こればかり使って因数分解などの方法を使わない生徒が出てきます。因数分解をあれこれ考えて、できそうもないと判断してから公式を使うよりも、初めから公式を使うほうがよいと考えるわけです。
 しかし、私はやはりいろいろな手法を身につけて、適する手法を適するところで使ってほしいと考えます。ひとつの方法に決めてしまうのは、柔軟な頭脳を育てることにはなりません。選択枝を多く持ち、判断することを繰り返して「賢さ」を磨いてもらいたいと、私は考えます。