虹の風学修館 北浜南教室

幼児~中学生のための少人数制学習塾・虹の風学修館「北浜南教室」のブログです。
虹の風学修館HP(http://www.gakuki.co.jp/)
お問い合わせ先:053-412-1033(虹の風学修館直通ダイアル)

小学部 春のワークショップ

みなさん、こんにちは

虹の風 学修館です
きれいな桜が咲いていますが、いかがお過ごしでしょうか

さて、今回ご紹介するのは・・・
小学部 春のワークショップ


ワークショップは、虹の風学修館で毎年春休みに行われるイベントです


『学校法人ミズモト学園 東海調理製菓専門学校』の皆さんが協力してくださいました

今回のテーマは


料理の中の理科と算数

DSC05144


プリンとゼリー作りを通して理科と算数を学びました



早速どんな様子だったかのぞいてみましょう


こちらが協力をしてくださった『東海調理製菓専門学校』さん

情報誌変更写真トリミング2DSC05093




中に入ってみると・・・大きなオーブンが
DSCN0463


これでプリンを焼くみたい!楽しみですね


まずは、プリン作りから始めます!

カラメルは専門学校の先生が作ってくださいました

みんな真剣に先生の話を聞いています
DSCN1015


初めは透明だったカラメルが段々と色がついてきて・・・
最後にはよく知っているカラメルの色になりました

DSC05111DSC05112

DSC05113DSC05114


カラメルが出来たらいよいよ子供たちの出番です

きちんと手を洗って準備は万端
IMG_7333


先生方の説明を聞きながらプリンを作っていきます

専門学校の学生さんたちも手伝ってくれました
DSC05156



上手に量れるかな
DSCN1031



先ほど作ってもらったカラメルを入れてそーっとプリン液をカップに注ぎます
image2 (2)




後は、オーブンに入れて焼きます
DSC05235


プリンが出来るのを待つ間にグレープフルーツゼリーを作ります



ゼラチンと水を混ぜると・・・こうなりました
DSC05221

なんとひっくり返しても落ちません
DSCF5706

材料を混ぜてプリンと同じようにカップにそーっと注ぎます
DSC_0772


ゼリーは冷蔵庫で冷やします

プリンとゼリーが完成するのを待っている間に虹の風学修館の講師が授業を行いました
image3 (3)

みんな真剣に先生たちの話を聞いています
DSCF5737



プリンとゼリーの固め方の違いの秘密について知ることが出来ました


DSC05298

授業の後は待ちに待った試食の時間


DSCN1088IMG_7452


みんなおいしそうに食べています

DSC_0778045

帰りには東海調理製菓専門学校の皆さんが作ってくださった
かわいいクッキ―とべっこう飴のお土産をいただきました

ありがとうございました


料理というのは家庭科のイメージが強いですが
実は理科や算数がたくさんつまっていることを子供たちに感じてもらえていたら嬉しいです



次回はどんなワークショップが開かれるでしょうか?

子供たちが楽しめる企画を現在企画中です

お楽しみに!




北浜南中学2年生 社会の授業

こんにちは、虹の風学修館の丹所です。

本日は中学2年生の社会の授業について、ご紹介します。

社会というと黙々と暗記していくというイメージがあるかと思いますが、いきなり単語を並べられて、すぐ頭に入って来るようなことはほとんどないと思います。

 そのため虹の風学修館では、はじめに動画や画像を使い、単元の内容や背景などを理解します。

その後、教科書を中心に、重要な単語や時代の流れなどを自分の言葉でまとめます。 


 DSC_0014


今回の内容は歴史で、織田信長についてでした。桶狭間の戦いや、楽市楽座といった政策など出てきますが、誰と戦ったや、どのような内容なのかだけでなく、自分が気になったことや、なぜ起きたのか、どうしてこのようになったかなどを付け加えていきます。

 動画などを見ることで状況がイメージしやすくなり、また、自分の言葉でまとめることで、その語句や出来事が自分にとってわかりやすいものに変わります。

社会は暗記科目になりがちですが、こうした形で社会に取り組むことでただ覚えるのではなく、なぜ、どうしてを感じ取って欲しいと思います。

 

北浜南中学2年生 クリスとの学び合いの授業

こんにちは。虹の風学修館の田中です。

虹の風学修館では、月に一度、虹の風専属外国人講師のクリスの授業が設けられています。

今回の授業では、過去のある地点でしていたことを表現する英語の練習をしました。

クリスや生徒同士でペアを組んで、対話の練習をゲーム形式で行っています。

P1010749


中学1年から2年の英語の教科書は大部分が対話文になっているため、

実際に対話をし、その英文をしっかりと暗記することが大切です。

また、クリスのネイティブの英語に身近に触れることで、英語に対する抵抗感を感じなくなってきます。

自然にリスニングや英語を使ったコミュニケーションに慣れることができます。


このような学び合いの授業を通して、少しでも英語に興味、関心を持ち、

英語が勉強ではなく、コミュニーケーションの一つの道具であることを実感していただけたら

よいと思います。


1学期中間テスト


 中郡中では、5月20日、21日に中間テストが実施されます。1年生にとっては、初めてのテストです。何をどのように勉強すればよいか、よくわからないと思います。
 
 虹の風学修館では、テスト3週間前にチェックリストを渡しています。

 che

 教科書の内容をもう1度復習することから始めます。学校や塾で勉強したことを思い出し、自分はどこがわかっていて、何が理解できていないかを把握します。その理解できていないところを、課題として重点的に取り組み、さらにそれを発展させる、という学習ができるようになればと考えています。
 
 やらされて嫌々やるのではなく、自分で考えて前向きに勉強する。

 テストをきっかけとしていますが、「テストがあるから頑張る」ではなく、「自分の将来のために頑張る」となるよう指導していきたいと考えています。

 
(上村)
 

 

中学1年生「緯度・経度」

 こんにちは、大石です。

 先日は、緯線・経線について授業を行いました。
 緯線や経線はそれぞれ「赤道と平行にひかれている線(緯線)」「北極点と南極点を結んでいる線(経線)」と教科書では説明されていますが、これではどういうものかよくわからない。

 そこで、実際に世界地図を使い、

「東経○○度、北緯○○度はどこの国でしょう?」

という形で出題し、みんなでその場所を探す、ということを行っています。
 初めは東経と西経、南緯と北緯を間違えてしまうことも多いですが、何度も探すとそれぞれが何を指しているか理解できるようになってきます。
 最後に、お互いに問題を出題しながら地球上の位置を確認することで、緯度経度の使い方を学ぶことができます。

 先にも書きましたが、緯線(緯度)や経線(経度)は、覚えなくてはいけない基本的な情報ですが、抽象的で分かりにくいところでもあります。
 みんなでわいわいと指定された地点を探しながら、学ぶことで、楽しく地図に親しみ、体感を通して理解することがもっともよい学び方だと思います。

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ