虹の風学修館 北浜南教室

幼児~中学生のための少人数制学習塾・虹の風学修館「北浜南教室」のブログです。
虹の風学修館HP(http://www.gakuki.co.jp/)
お問い合わせ先:053-412-1033(虹の風学修館直通ダイアル)

小学部 夏のイベント準備(7/12)

皆さんこんにちは
虹の風学修館 小学部です!
セミの鳴き声が聞こえてきて少しずつ夏らしくなってきましたね



今日は小学部あてに荷物が届きました。
中身は・・・


お茶2



お茶です!
冷蔵庫いっぱいのお茶が届きました。


夏の理科イベントで使うために注文をしたみたいですね。
でも使いたいのはペットボトルだけなんだとか・・・


中身のお茶はみんなで分けあって飲んでいる最中です

何に使うか当日まで楽しみにしていてください


今後も随時イベント準備の様子をお伝えしていきます。
お楽しみに

二次方程式の解の公式

 はじめまして 理系担当の宮本です。
中3の数学は二次方程式に入りました。

 二次方程式はその解法として
  1.因数分解を利用する。
  2.平方根の考えを使う(平方完成を含む)。
  3.解の公式に代入する。
 の順で練習することになっています。

 毎年、解の公式を習うと、こればかり使って因数分解などの方法を使わない生徒が出てきます。因数分解をあれこれ考えて、できそうもないと判断してから公式を使うよりも、初めから公式を使うほうがよいと考えるわけです。
 しかし、私はやはりいろいろな手法を身につけて、適する手法を適するところで使ってほしいと考えます。ひとつの方法に決めてしまうのは、柔軟な頭脳を育てることにはなりません。選択枝を多く持ち、判断することを繰り返して「賢さ」を磨いてもらいたいと、私は考えます。


第200号 情報誌

講師の大石です。

200号の情報誌ができあがりましたので、ご紹介します。

 

今回のテーマは「ノートまとめ」です。その中でも、社会科を例に挙げて紹介してみました。

期末テストも終わり、もうすぐ長期休暇です。この期間に、1学期で勉強したことをまとめ直してみるのはいかがでしょうか。

20170623105850128_0001




小学部 夏のイベント準備(7/4)

みなさん、こんにちは
虹の風学修館 小学部です!
7月に入り夏も近づいてきましたが、皆さんはいかがお過ごしですか?
今日は小学部の様子をお伝えします。


何やら先生たちが集まって何かやっていますよ・・・
少し何をやっているのかのぞいてみましょう




DSC_0219



何かを混ぜていますね
どうやら夏の理科イベントの事前実験を行っているようです。

夏の理科イベントは小学部で行っているイベントの一つです。理科の自由研究の一環として取り組みます。低学年の生徒たちも楽しめるよう五感を使った楽しい実験を行います



さて、何を混ぜているのでしょう
正解は・・・


イベント当日までのお楽しみです

今後も随時準備の様子をお伝えしていきます。
お楽しみに











社会「食料自給率」

こんにちは、虹の風学修館の大石です。

 

先日の社会の授業では、自給率や工業地帯について勉強しました。

特に食料自給率(自国で消費する食料のうち、自国で生産している食料の割合)について、日本はとても低い水準となっています。

 
食料自給率

 

このような問題は、現実に起きている出来事です。

しかし、教科書の内容を勉強するとき、そういった実感を持って勉強することができているでしょうか。

「食料自給率40%」「日本の自給率は低い」といったようなことを覚えることで、テストで解答できます。それで満足してはいないでしょうか。

 

授業の中では、輸入が止まった場合にどのような食生活になるか、という具体例を出しながら食料自給率の話をしました。

すると、生徒からは、

「これしか食べられないの?」

「むしろ健康的かもしれない」

「肉をほとんど食べられないのは嫌だ」

といった、様々な意見があがりました。

そして、日本が輸入にどれだけ頼っているかを感じてくれたようでした。

 

地理の教科書では、様々な問題をグラフや資料付きで紹介してくれています。

それらを覚えることはとても大事なことだと、私も思います。しかし、覚えるだけでなく、実際に起こっている事実であるということ、問題解決のために何をしなくてはいけないかを考えること、そういったさらに一歩進んだところまで理解することも同じくらい大事なことではないでしょうか。

私の授業では、このような理解・実感を得られるようにしていきたいと考えています。

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ